ビッグデータ収集

ビッグデータ収集

それでは、マーケティングオートメーションというのは、どのようにして利用されているのでしょうか。従来ではマーケティングオートメーションソフトウェアというものを自社のサーバーに導入し、これによって独自に情報を収集するのが一般的でした。現在においてもこの方法が利用されていないわけではありませんが、主流となる方法は少しずつ移り変わっています。

特に昨今重要視されているマーケティングオートメーションツールの機能であるのが「クラウド」を利用するものです。クラウドと呼ばれるサービスもここ数年の間で一気に普及してきたものであり、これを利用することによってより詳細な情報を収集できるようになりました。

こういった巨大なデータ量の集合体は「ビッグデータ」と呼ばれ、ビジネスだけではなく様々な場面で利用されています。ホームページへのアクセス情報などから様々な情報を集め、そのビッグデータを元にして解析を行うのがマーケティングオートメーションツールに求められる機能ということになります。

これはマーケティングオートメーションツールの機能の中でも、比較的受動的なものです。この他にも、より能動的にマーケティングを行ってくれる機能も存在しています。


Comments are closed.